睡眠時無呼吸症候群と肥満

睡眠時無呼吸症候群と肥満

いくら睡眠中にCPAPで空気を送り込み強制的に気道を広げていてもどんどん肥満が進めば圧力を上げて行かざる負えませんので今から先も終始必要になりましてきます。
CPAPとあわせてしてすると申し分のない事は個人で違っていますので、医師とよく相談して解決していきましょう。
そのようなふうになると当然空気の通る穴も脂肪で塞がり、呼吸の度にいびきをかく事となってしまい、やがては無呼吸状態になっており行けるのです。
夙にずいぶんCPAPで治療をしたりするのになかなかいびきや無呼吸が改善されない…。
肥満と言う事はもちろん喉や気道にも脂肪は付きます。
睡眠時無呼吸症候群と肥満、一見すると無関係のように思えますが、じつは関係は大いに有ります。
ですので減量やダイエットを行い、身体の脂肪が取れて喉や気道からも脂肪が無くなれば空気の通る穴も確保出来る。
もしもその理由が「肥満」「太り過ぎ」であれば減量をする事をおススメします。
この様にそもそも睡眠時無呼吸症候群になってしまいました理由を突き止めてそれを解決していくと言う事をCPAPと一緒にする事がおススメです。
そうする事でより熟睡できますし睡眠の質も向上していくことにします。
確かにCPAPは使っている時は睡眠時無呼吸症候群の症状を抑えるってことが出来ますが、使用を中止するとまた元に戻ってしまったとしてましたんだとしてましていますのです。
そうしたふうになると将来的にCPAPが不要になってきます。
しかしながら、睡眠時無呼吸症候群になる理由がはっきりとしましたりするのならば、CPAPとあわせてしてした方が調子がいい事も有ります。
このため、終始継続して使い続ける事が前提となってきます。


ホーム RSS購読 サイトマップ